Los encierros de San Fermín-パンプローナの牛追い

[youtube=http://youtu.be/fKlb14dpEnQ] 昔から、スペインでは闘牛のシーズンが開かれていました。そのために、闘牛は牛小屋から闘牛場まで牛飼いの人につれて行かれました。彼ら、いつも牛の後ろを走りましたけど、だんだん、パンプローナの肉屋さんが牛の前を走り始めてからほかの人も同じようにしました。。その時の肉屋さんは参加する闘牛を選ぶの係りでした。 前にくらべてルートも違いました。1899年ちょっと短くなりましたが、だいたい今のルートは1852年からのものです。   牛追いルート 825メートル   かかる時間   三分ぐらい       1.CORRALILLOS DE SANTO DOMINGO サントドミンゴと言う道にあるの牛小屋。この場所から、8時にロケットを発射して、闘牛が出ます。   2.SANTO DOMINGO  サントドミンゴ通り 271,57メートル。走りたい人は、8時前に安全に走れるようにサンフェルミン聖像に3回祈りのようなの歌を歌います。このみちは、牛が一番早く走る通りです。そして走る人に問題が起こっても、あまり非難する所がない。   3.PLAZA DEL AYUNTAMIENTO- CURVA MERCADERES 市役所の広場・メルカデレスのカーブ133,92メートル。メルカデレスのカーブは危ない所です。なぜならそこで闘牛はよく滑って転びます。今、牛追いの前にその道は洗われます。その時に床に滑らないようにする洗剤使います。だから、前にくらべて滑る牛は少なくなりました。   4.ESTAFETA エスタフェタ通り 295,90メートル .闘牛がメルカデレスのカーブで転んだ後、この道を闘牛がバラバラに走るかもしれません。そうなると危ないです。   5. TELEFÓNICA- PLAZA DE TOROS 113,84メートル。 闘牛所の入り口は狭くて、危ない。人でぎゅうぎゅうつめになることがあります。去年はさらにそのなかに闘牛も入り込みました。   毎日何頭の牛が走りますか。 闘牛が六頭、牛も六頭走ります。牛は闘牛をガイドをする役目です。朝走った闘牛はその晩闘牛場で殺されます。  …

Sigue leyendo